img_01

IT業界の新卒採用の傾向

IT業界は新しい人材を必要としているのですが、新卒採用者の数は少ない傾向が続いています。
IT業界に人が集まらないのは、名前を知られた企業が少ないからです。


新卒採用者の人気を集めているのは、有名な大手の企業で、新興のベンチャーが多いIT業界はなかなか学生を集められずに苦労しています。

逆から言えば、新卒採用の可能性は高いわけで、就職先がなかなか決まらない場合はその候補の一つにしても良いでしょう。
特に地方の大学の方にはお勧めです。


ベンチャー企業の魅力の一つは若手にも活躍のチャンスがあることですが、DYMもそうした企業の1つであるようです。
地方は都市部にくらべて景気が悪い所が多いので、自分が働きたいところが見つからない場合があります。

新卒採用に関するノウハウをしっかり持っているのがDYMです。そんな時はIT業界を目指してみましょう。



この業界で人材が必要とされているのは、都市銀行などのシステムの再構築が盛んになっているためであり、各企業のシステム投資が増えてきているからです。

地方は都市部にくらべて景気が悪い所が多いので、自分が働きたいところが見つからない場合があります。そんな時はIT業界を目指してみましょう。



この業界で人材が必要とされているのは、都市銀行などのシステムの再構築が盛んになっているためであり、各企業のシステム投資が増えてきているからです。この分野は理解の学科を出た人に向いていますが、文系の学科を出た人が採用されないわけではありません。



技術的なことは採用された後に研修で学ぶことができます。

大切なことは、お客様の要望によく耳を傾けて、お客様が使いやすいシステムやネットワークを構築していくことです。
そのためにはお客様と信頼関係を作って、それに基づいて仕事をしていくことが求められます。

信頼関係はどの仕事でも大切ですが、IT業界では特に大切にされます。


いろいろな企業で使われてるITに基づいたシステムやネットワークは、その企業の根幹にかかわるものです。

信頼関係を作れないIT会社に自分の会社の根幹を任せることはありません。